スマホ・パソコン情報関連!

最新情報・方法・手順・対処法についてのブログ!

【徹底比較】iPhone8 iPhone7 違い! iPhone7 iPhone8 どっち?iPhone8 待つべき?

 

www.5kplayer.com

 

iPhone7/7Plusは2016年9月8日(日本時間)に正式的にリリースされた。新型のiPhone7/7Plusは防水防塵対応やFelica対応、1200万画素カメラ、Felica対応など気になる機能が搭載され、性能もかなり向上される。発売されたらすぐに入手した方は結構多い。
けれども、iPhone7より、まだ正式的に発表していない、iPhone 10周年の記念モデルとなっているiPhone8のほうが更に注目されている。デザインも刷新されるし、スペックもより向上されるそうだ。

そこで、大きな問題が来る~iPhone8とiPhone7 どっち買うか?

iPhone・10周年となる2017年のモデル「iPhone 8」を待った方が良いのではないか?と購入を躊躇っている方も多いと思っている。特に大手キャリアでiPhone 7を購入した場合、2年縛りの関係で来年のiPhone8を買い辛くなるから悩んでしまった。
そこで、本記事では、iPhone8とiPhone7の違いについて、或いはiPhone7より、iPhone8変更点について、詳しく解説する。今iPhone7を買うべきか、それとも1年待ってiPhone8を買うべきなのか、そのお悩みにお答え致しましょう。

 

人気記事:
iPhone8 VS iPhone7s/7s Plus】iPhone7s/7s PlusとiPhone8の違いを比較して、どっち買うべきか分かる
AndroidからiPhone8へ機種変更~簡単にAndroidからiPhone8へデータ移行できる方法

 

iPhone7が発売されかつてない程の人気と注目を集めているが、iPhone8を待つべきか迷っている人がかなり多いようだ。そこで、今回は、iPhone8とiPhone7 どっち買うべきか知るためにデザイン、スペックなどの方面を徹底比較して参りたいと思う。ぜひ参考して見てください。まずは、最初に、iPhone6sからiPhone7の変更点をもう一度確認して見ましょう。それから、iPhone8とiPhone7の違いを解説する。

 

iPhone7変更点/搭載された新機能
・新色「ブラック」「ジェットブラック」の追加
・処理速度、記憶容量の強化
防水防塵機能の追加
・ホームボタンが感圧式に変更
・イヤホンジャックの廃止
・バッテリー消費の改善
デュアルカメラ搭載(iPhone 7 Plusのみ)
FeliCaが搭載され、Suica、iD、QUICPayが利用可能

 

iPhone8とiPhone7 どっち~iPhone7 買うべき理由

以下に該当するならiPhone 7の購入を前向きに検討しても良いかも。

☆ IP67の防水/防塵仕様に興味を惹かれる。
☆ FeliCaを普段使用しており、ぜひ使いたい。
☆ 現在使用しているiPhone(5/5s/6など)の性能に不満がある。処理速度やカメラなど。
☆ 3D Touchに興味がある。2年縛りの更新月がある。

 

iPhone8とiPhone7 どっち~iPhone7 買わない理由
以下に該当するならiPhone 7の購入を控えても良いかも。
☆ iPhone 6sを所有しており、防水やFeliCaに興味が無い。
☆ 現在使用しているiPhone(5/5s/6など)に満足している。
☆ iPhone 8のアップデートに興味がある。
☆ イヤホンジャックが無いのが嫌。今後復活は無いと思うので、あきらめも必要。Bluetoothイヤホンもそれなりに良い音で聴けるよ。個人的にはQ15、Q20、Sudio Vasa BLA辺りがお気に入り。
☆ ホームボタンが物理式じゃないなと嫌。これも今後は物理式を採用することはないと思う。あきらめが肝心。慣れましょう。

 

個人的にはなかなか魅力的だと感じでいるiPhone7だが、果たして買うべきなのか、もしくはiPhone8を待つほうが良いのか。では、iPhone7からiPhone8はどう変わるのでしょうか?Appleの公式発表はまだないので、様々な情報の予想をご覧ください。現時点で噂されているiPhone 8のスペックはこんな感じ。

iPhone8 VS iPhone7:iPhone8変更点

・ガラス筐体、有機ELディスプレイの採用
・ホームボタン廃止、Touch IDが代わりとなる
・ワイヤレス充電機能を搭載
虹彩認証によるロック解除を搭載
・より高速なA11プロセッサー搭載
・カメラとTouch IDがディスプレイに統合
・画面のどこに触れても指紋認証可能
・VRマシンとして稼働する
・3Dカメラを搭載
・防水性能がアップ。最高水準のIP68規格をクリアする

関連記事:iPhone8新機能、発売日などの最新情報について、こちらへ>>

iPhone8とiPhone7の違い①:画面が伸びる

iPhone8とiPhone7 比較して、まず1つ目の大きなiPhone8変更点特徴として挙げられるのが「画面が伸びるようになる」という点になる。
右のコンセプト動画をご覧ください。
これは「フリキシビリティディスプレイ」と呼ばれていて、今までのスマホ液晶画面の常識を覆す画期的なデザインになっている。
iPhone7では実現しなかったが、iPhone8でこれが取り入れられれば、大きな話題を呼ぶことに必至でしょう。

 

iPhone8とiPhone7の違い②:ガラス筐体、有機ELディスプレイの採用

iPhone8 VS iPhone7、もう1つ変更点として噂されているのが、iPhone 4s以来となるガラス筐体の採用(側面がカーブしたガラス(ディスプレイ)で全体が覆われるデザインになる)と、有機ELディスプレイによる歪曲した画面だ。
ガラス筐体のコンセプト動画はそこまで従来のiPhoneと違わないが、有機ELのイメージ画像はまるで別物となっている。
今までのiPhoneと違いすぎて違和感を覚えるが、「従来のデザインに固執していると、これ以上の発展はない」「10周年を迎えて新たな出発」と考えれば、十分可能性のあるデザインでしょう。

iPhone8変更点の中に、最も注目される点だが、ガラス筐体も有機ELディスプレイも壊れやすいという欠陥を抱えており、新しいデザインも含めてiPhone 8は信頼性が低いのではないか、という不安もある。

 

iPhone8とiPhone7の違い③:ワイヤレス充電

iPhone7が発表する前に、iPhone7には無線充電が搭載される可能性のある噂もあったが、結局実現できなくて、iPhone7でイヤホンジャックが廃止され、ヘッドフォンを使う時はLightningコネクタを使用する事になったが、おかげで音楽を聴きながら充電する事が不可能になってしまった。
だからこそ、Lightningコネクタを使わずとも充電可能なワイヤレス充電が搭載されると噂されているのだ。
ちなみに、Appleは、超音波を使って90センチ離れた場所からのワイヤレス充電を可能にする技術を持つ企業から技術者を引き抜いていることが判明しており、ワイヤレス充電技術の研究開発が行われていることは間違いなさそうだ。
その技術の用途としては、iPhoneなどの既存製品に限らず、「Apple Car」として2020年には発売されると噂の電気自動車も想定されている。

iPhone8とiPhone7の違い④:ホームボタン

「iPhone7」と「iPhone7 Plus」では、感圧式になった事で注目されているホームボタンだが、iPhone8とiPhone7 比較して、2017年に発表されるという噂の「iPhone8」では、そもそも搭載すらされないかもしれない。
Patently Appleによれば、米国特許商標庁が10月4日に公開した特許情報を確認したところ、Appleがディスプレイに指紋センサーを埋め込む特許を取得した事が判明。Appleが取得した特許の内容は、ディスプレイに埋め込まれた静電レンズによって人の体から出る静電気を認識し、ユーザーの認証を行うというもの。つまり、画面のどこに触れても指紋認証ができてしまうという事になる。

 

iPhone8とiPhone7の違い⑤:バッテリー駆動時間

iPhone8とiPhone7 比較して、iPhone7のバッテリー容量は1960mAhで、iOS10のリリース直後くらいから報告が急増したiPhone7のバッテリー異常消費およびバッテリー残量があるのにもかかわらず電源が落ちるという不具合。 けれども、最新のレポートの中で、「iPhone8は4.7インチと同じボディサイズで5.5インチ並みのバッテリー容量を確保するだろう」ということが分かった。最新技術によって、4.7インチサイズとほぼ同サイズのiPhone8に、アイホン8対アイホン7、2700mAhのバッテリーが搭載可能とのこと。さらに、Ming-Chi Kuo氏は、「iPhone8は消電力型の有機ELディスプレイを搭載する。大容量バッテリーの効果もあるので、駆動時間はこれまでの1.5倍になるだろう。」とも述べている。これが実現されれば、もう一日中バッテリー切れに悩まされることもなさそうだよね。

 

iPhone8とiPhone7の違い⑥:プロセッサー

iPhone7のプロセッサは「A10 Fusion」チップが採用され、謎の「Fusion」の名称が付いたが、順当にナンバリングが増えていっている。なので、iPhone8に採用されるプロセッサは「A11 Fusion」チップになることは間違いないでしょう。 A10チップは台湾TSMCが製造をしているが、A11チップも引き続きTSMCが製造供給を行なうことが明らかになっている。A10チップは16nm FinFETプロセスとパッケージ内の基板を無くすことによってチップの高さを低くすることができる新技術「InFO」によって製造されている。 A11チップは10nm FinFETプロセスでさらに微細化が進み省電力化と性能アップが期待できる。A10チップはMacBookに搭載されているIntel Core Mプロセッサよりも高性能になっているが、A11チップはさらに差を付けることになるのでしょうか。いつかはMacBookのプロセッサにAプロセッサが採用される可能性もあるのかもしれないね。

iPhone8とiPhone7の違い⑦:新色・新カラーが登場する

そしてもう1つのiPhone8とiPhone7の違いは、新カラーバリエーションが登場する可能性があるという点になる。iPhone7でもブラック・ジェットブラックといういわゆる“黒系”の新色は登場したが、これでもまだ足りないというユーザーも多数いて、iPhone8では更なる進化が期待されている。
新色候補として噂されているのは、
・レッド(赤系)
・パープル(紫)
・スカイブルー
・黒金(ブラック)
…etc
などなど、非常に多種多様な新色がiPhone8で登場すると噂されている。

iPhone8とiPhone7の違い⑧:イヤホンジャックが復活する
Apple payをはじめとして、数々の新機能が実装されたiPhone7は非常に評判の高い機種だが、唯一の欠点として、イヤホンジャックが廃止されてしまった点を嘆くユーザーも少なくない。しかし、iPhone8ではそんなユーザーの声をくみ取り、アップルがイヤホンジャックを復活させるのではないかといううわさも広がっているんだよね。

iPhone8とiPhone7の違い⑨:値段が高くなる(予想価格)
iPhone8 VS iPhone7、もう1つ予想されるiPhone8とiPhone7の違いは、iPhone8の値段がめちゃめちゃ高くなるという点だ。
今までの歴代のiPhoneの中で最高価格を実現しているのは、最新機種iPhone7 PLUSの107,000円という値段だが、iPhone8に関してはそれを更に超える12万円という値が付くとも言われているんだよね。なぜかというと、有機ELディスプレイの供給量不足やストレージ容量の増加などが原因だ。
また、最新ニュースによると、アメリカで、1台の価格が一番安いバージョンで1200ドル(約13万5000円)になるだろうと報道されている。結構高い!

アイホン8対アイホン7:iPhone 8にVRは本当に搭載されるのか?

iPhone8とiPhone7 比較して、もう1つの違いは、アメリカの著名ブロガー、ロバート・スコーブルさんが公表したところによると、2017年に発売される次期iPhoneは、全面ガラス製でVR(バーチャルリアリティ)マシンとして稼働するかも知れない。これは、Forbes Japanが報じたもので、ロバート・スコーブルさんは元マイクロソフト社員ということもあり、かなり信憑性の高い情報と言えそうだ。
iPhone8にVRが搭載されてできること:
iPhone8にVRが搭載されるというだけでもなぜか自然と期待が高まってしまったが、もし仮に本当に実現するとすると、一体どのようなことができるようになるのでしょうか。
そもそも今回iPhone8に搭載されると噂になっているのは、厳密に言うと「MR」という機能で、いわゆる「VR」や「AR」とは少々異なる。
映画などで出る立体的なやつというと雑だが、有名なところでいうとバイオハザードのシリーズ1で出ていた人工知能のようなモデルだ。
iPhone8の場合、人工知能=Siriという構図が思い浮かぶので、いよいよSiriの人間バージョンと対面する日もそう遠くないかもしれない。

 

まとめ:アイホン8対アイホン7どっちが良い?

iPhone7を買うべきか、iPhone8を買うべきか、正直難しい問題だが、iPhone7は2014年のiPhone6のデザインを受け継ぎ、機能を大幅に追加した順当進化の端末といえる。しかし、後発のiPhone8の方が、スペックや機能が上になるのは間違いない。問題はやはり、ガラス筐体や有機ELディスプレイの採用によるデザインの大幅な変更だ。
「斬新なスマホが欲しい」という新しい物好きな方に、iPhone8は画期的なスマホとなるが、「今までと違いすぎて受け付けない」という方も多く出るでしょう。
また、ガラス筐体も有機ELディスプレイも壊れやすいという欠陥を抱えており、新しいデザインも含めてiPhone8は信頼性が低いのではないか、という不安がある。
この辺り、新鮮さがない分、積み重ねた9年分の信頼性があるiPhone7とは真逆と言える。
新たなスマホの姿を模索する、冒険的なiPhone8。
過去のモデルを尊重し、堅実に仕上げてきたiPhone7。
そのどちらが良いのかは、結局ユーザーの好みによるとしかいえない。
けれども、筆者の私の意見としては、待てるなら来年のiPhone8を待つべきだと思う。すでに見慣れたiPhoneのデザインよりも、大幅に変化するiPhone8を持った方が、なんとなく所有欲は満たせそうな気がする。

iPhone8をおススメするのはこんな方:

これまでの性能を踏まえると、iPhone 8はこのような人におススメの機種と言えそうだ。
iPhone6からの乗り換え
順当な進化を遂げているので、安心して乗り換えることができる。あらゆる面で進化したiPhone 8は最適なスマホだ。
◆とにかくデザインが好き人
iPhone 8の新色である2つのブラックが人気出そうだ。特にジェットブラックは光沢感と高級感を兼ね備えた至高のブラックだ。マットな感じも大人っぽくておススメだ。
◆防水が欲しかった
iPhoneに防水が付けばなぁ…と夢見ていた方にPhone7はおススメだ。
おサイフケータイが欲しかった
iPhone8には遂にお財布機能が付いた。これがないからAndroidしか選択肢がなかった、なんてかたはiPhone8が選択に入ってくるね。

関連記事:【iOS 11】分かりやすいiPhone 8アクティベーションと初期設定|買ったら最初にやるべき