スマホ・パソコン情報関連!

最新情報・方法・手順・対処法についてのブログ!

【基本操作】iPhoneをiCloudでバックアップ・復元する方法!

 

www.5kplayer.com

iPhoneのバックアップをiCloudで行いたい!?

万一故障や紛失、データを間違って消してしまったなど不測の事態で、iPhone上にある動画・写真・ゲームアプリなどの大事なデータを失うことを発生しないため、iPhoneのバックアップを取って置く必要があります。

iPhoneのバックアップは大きくわけて2つの方法があります。一つはiCloudの利用、もう一つがiTunesの利用です。最近、頻繁に「iCloudiPhoneのバックアップに失敗」「iCloudiPhoneバックアップできない」というエラーが出るようになっていました。 

今回はiPhoneのバックアップに失敗しないため、iPhoneiCloudでバックアップ・復元する方法を詳しく紹介します。iPhoneのデータをiCloudでバックアップしようとしたが、やり方がよく分からず、「iPhoneバックアップできない」「iPhoneのバックアップに失敗」といったお悩みがあった人はぜひご覧下さい。

人気記事:iPhoneファイル転送フリーソフト一覧!iPhoneデータ転送を無料でしたい方にオススメ!

iPhoneのバックアップをiCloudでとるとは

iPhoneのバックアップをiCloudでとるとは、インターネット上のセキュアな「iCloud」を保存先に使って、iPhoneのデータを保存するのです。iPhoneのバックアップをiCloudで行う特徴は以下の通りです。

iCloudバックアップの利用条件

Wi-Fi環境が必須です。

iCloudバックアップできる容量

最初の5GBは無料で、容量が足りなくなった場合は、有料プランへアップグレードすることもできます。

iCloudバックアップできる内容

iPhoneiPadiPod touch 上の写真とビデオ
iOSバイスの設定
iCloudに対応しているAPPデータ
*ホムー画面とAPPの配置
Apple Watch のバックアップ
*通話履歴
*HomeKitの構成
*iMessage、テキスト 、MMS メッセージ (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)
Apple サービスからの購入履歴(音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
*着信音
*Visual Voicemail のパスワード

関連記事:iTunesを使わずに、パソコンからiPhoneに音楽を入れる方法

iCloudバックアップできない内容

iCloud にすでに保存されているデータ (連絡先、カレンダー、メモ、マイフォトストリーム、iCloud フォトライブラリなど)
*ほかのクラウドサービス (Gmail、Exchange メールなど) で保管されているデータ
Apple Pay の情報と設定内容
*Touch ID の設定内容
iCloud ミュージックライブラリおよび App Store のコンテンツ

iCloudバックアップの対応機種

iCloudは、iPhoneiPadなどのIosバイスはもちろん、MacWindows PCでも使うことができます。

関連記事:iPhone写真復元できない?消えたiPhone写真を復元する方法まとめ!

 

iCloudiPhoneのバックアップをを取るやり方

 

iCloudiPhoneのバックアップを取る事前準備

iPhoneのバックアップをiCloudで行う場合には、Wi-fiに接続することが必要になります。

iPhoneiCloudでバックアップする手順

iPhoneのバックアップををiCloudで行う時、手動と自動の種類があります。ここから、iCloud手動バックアップとiCloud自動バックアップを別々に説明します。

手動でiPhoneのバックアップをiCloudに取る

iCloudiPhoneのバックアップを手動で取得したい場合、以下の手順に従って操作してください。

1. お持ちのiPhoneの「設定」アプリケーションを起動し、「iCloud」をタップします。

2.下にスクロールして「バックアップ」をタップします。(Appleアカウントを登録していない場合は、次の画面でAppleアカウントを入力してログインします。)

注意:Appleアカウントを登録していない場合は、次の画面でAppleアカウントを入力してログインします。

3.「iCloudバックアップ」がオフ(白)からオン(緑)にします。

4. 「今すぐバックアップを作成」をタップすると、その場でバックアップ作業が開始します。

5. 「バックアップを作成中」の表示が消えて、前回のバックアップの箇所に現在の時間が表示されたら、iPhoneのデータをiCloudでバックアップされます。

f:id:free-newskun:20170814151944p:plain

関連記事:iPhoneの曲をiTunesに入れない時の対処法>>

自動的にiPhoneのバックアップをiCloudで取る

自動的にiCloudiPhoneのバックアップを行うには、4つの条件があります。

iPhoneは電源につながっている
iPhoneがロック中である
iPhoneWi-Fiにつながっている
iCloudに必要な空き容量がある

以上の条件をすべて揃う上、iCloudの自動バックアップの設定を有効にしておけば、iPhoneのバックアップは自動で行われます。

iCloudの自動バックアップの設定を有効する操作はiPhoneの「設定」アプリケーションから、[iCloud]→[iCloudバックアップ]と進みます。そして、「iCloudバックアップ」がオフ(白)からオン(緑)にします。すると、iPhoneを放置しておくだけでiCloudiPhoneのバックアップが作成されます。

 

iPhoneのバックアップをiCloudで取得してから復元するやり方>>