スマホ・パソコン情報関連!

最新情報・方法・手順・対処法についてのブログ!

iOS 11にアップデートすべきか?iOS 11とiOS 10比較して、解説する

www.5kplayer.com

 

WWDC 17で発表されたiOS11には、多くの新機能が盛り込まれた。同時に、画面デザインもiOS10から数多く進化していて、多くのユーザーに期待されている。

けれども、去年のiOS10は、過去の最大の10個の新機能を発表した。例えば、大幅な標準アプリの改善やロック解除方法が変更、Apple Pay機能の実装、バッテリー問題が話題になった。そうだとしても、iOS9からiOS10にアップデートすべきかに悩んでいるユーザーが決して少なくない。
その経験から見ると、現在のiOSバージョンに満足していたり、様々の原因で、iOS10から最新のiOS11アップデートすべきどうかと悩んでいる方もきっと多いでしょう。そこで、次の部分によって、iOS11 iOS10違いについて、或いはiOS10と比べて、iOS11変更点についてまとめて、ご紹介する。

関連記事:iOS 11アップデートできない?iOS11アップデート失敗?iOS11 アップデートできない時の対処法!

 

目次:
● iOS 11 iOS 10違い一覧
● iOS 11ベータ版をインストール
● iOS 11ベータ版からiOS 10に戻す

iOS 11にアップデートする前に、必ずiOSバイスデータをバックアップする

iOS 11にアップデート中にトラブルがあって、更にアップデートが失敗してしまったら、iOSバイス上のデータがなくなった可能性が高い。従って、iOS 11にアップデートする前に、お使いのiPhone/iPad/iPod touchをバックアップするのが非常に重要だ。

iOS 11バックアップ

DearMob iPhoneマネージャー

iOSバイスデータ管理フリーソフトiTunesなくても、バックアップできる。
iPhone/iPod/iPad全対応
iPhone/iPod/iPadとPCの間で、音楽などを双方向転送
iPhone/iPod/iPadの音楽、写真などデータを簡単にバックアップ
  ・FLV、AVIなど動画形式をiPhone/iPod/iPadに追加する時、mp4形式に変換
iPhone/iPadUSBメモリーとして使用

 
 

iOS 11 iOS 10違い1:メッセージアプリに関する新機能と変更点

iOS 11 iOS 10違い

メッセージでは、iOS 10で追加されたメッセージアプリがアップデートされる。具体的にはアプリにアクセスしやすいようにドロワーが刷新される。現在はApp Storeのアイコンをタップするとようやくアプリが表示されるが、iOS 11ではアプリが常時表示されてバーをスクロールするとアイコンが少し大きく表示され、アプリを選択するとメッセージに挿入できるアイコンなどが表示される。

また、メッセージにiCloudが導入される。iCloudによってメッセージの内容が自動で同期されるため、別のデバイスでメッセージアプリを起動した時でも同じメッセージが確認できるほか、iPhoneでメッセージを開封した時に表示されるアニメーションエフェクトも同期される。さらに、メッセージはデバイスごとに最適化されて容量は小さく、バックアップは素早く可能になる。エンドツーエンドの強力な暗号化にも対応する。

 

要するに、iOS 10比較して、メッセージ上で、iOS 11変更点は:

●メッセージアプリの下段からステッカーアプリなどの拡張アプリを起動できるバーが追加;
●iMessageがiCloudで同期されるようになり、複数デバイス間でiMessageの削除状況などの同期に対応。

iOS 11 iOS 10違い2:Apple Payに関する新機能と変更点

アメリカで50%の小売店が導入する非接触のモバイル決済としてナンバーワンのApple Pay。これまでウェブやアプリ、レジでの小売店や企業に対して決済ができたが、iOS 11とiOS 10比較して、iOS 11では個人間の送金にも対応する。送金はメッセージのApple Payアプリから操作する、メッセージ上で相手にお金を支払ったり、支払いを要求することもできる。もちろん、送金時にはTouch IDで認証するため、安全に送金できる。
送金されたお金はApple Pay Cashとしてチャージされ、iCloudを通じてiOSバイス間で共有できる。チャージした金額はApple Payの決済に使ったり、友だちや家族に送金したり、銀行に預けることも可能だ。

iOS 11 iOS 10違い

要するに、Apple Payに関するiOS 11新機能、及びiOS 10からiOS 11改善点は:

iOS 11変更点1:Apple Payが個人間の取引に対応し、iMessageを使った送金に対応;
iOS 11変更点2:Apple Payで受け取ったお金は、Apple Pay内に作成される「Pay Cash」にチャージされ、決済や銀行口座に送金が可能。

関連記事:iOS11評判は?報告されたiOS11不具合やバグ一覧と対処法まとめ

iOS 11 iOS 10違い3:Siriに関する新機能と変更点

Siriは自分が次に何がしたいか、何をするべきかも理解する。iOS 10でも次に利用するアプリの候補などが利用できるが、iOS 11とiOS 10比較して、iOS 11ではさらに拡大する。iOS 11とiOS 10比較して、Siriの変更点は以下のようになる。

●Siriに翻訳機能が追加され、英語から中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に対応。日本語対応については触れられず;
サードパーティーアプリがSiriを利用できるSiriKitはiOS 11にも搭載;
●メッセージアプリやカレンダーの通知機能を使って、Siriが「次に行動するであろう提案」をする機能が追加;
●Siriが閲覧しているニュース記事を認識し、ニュースアプリで関連記事をスポットライトとして提案。

iOS 11変更点
 

iOS 11 iOS 10違い4:カメラ上でiOS 11 vs iOS 10

カメラ上で、iOS 11 iOS 10違いも大きい。iOS 10では動画圧縮規格にH.264を採用しているが、iOS 11ではさらに進んだH.265/HEVCをサポートする。写真でもJPEGに対してHEIFを採用する。これによっていずれも2倍の圧縮効率を実現し、iOS 11 vs iOS 10iOS 11で写真と動画のサイズが半分になる。iPhoneの空き容量を大幅に増やすことができる。

iPhone 7Plusで利用できるポートレートモードは画質の向上、暗い場所でのパフォーマンス改善、光学式手ブレ補正、自然な色合いでフラッシュが利用できるTrue Tone flashHDRを新たにサポートする。また開発者には「Depth API」が提供される。具体的なことは明かされなかったが、iPhone 7 Plusで記録した被写界深度のデータにサードパーティのカメラアプリがアクセスできるようになる。

iOS 11変更点

iOS 11 iOS 10違い5:写真上でiOS 11 vs iOS 10

iOS 11とiOS 10比較

iOS 11で、写真を撮影日や場所でまとめてくれるメモリーはペットやスポーツ、アウトドア、結婚式、赤ちゃんなどイベントや被写体を認識してまとめてくれるようになる。Live Photosはトリム、前後1.5秒からお気に入りのシーンをキー写真として設定したり、ミュート、ループ、逆再生、長時間露光が可能になる。

まとめてみれば、カメラ&写真上で、iOS 10からiOS 11改善点は:

●動画はH.264からHEVC(H.265)に変更され、これまでよりも容量が小さくなる;
●写真はJPENGからHEIFに変更され、これまでもよりも容量が小さくなり、高画質になる;
●写真アプリにポートレート写真からスライドショーを作成する、ポートレートムービー機能が追加;
●ライブフォトの編集機能が強化され、ループ処理などの編集に対応;
●写真アプリが作成したムービー再生中に、縦画面や横画面の切り替えに対応。

 

iOS 11 iOS 10違い6:コントロールセンター

iOS 10からiOS 11改善点が、最も見た目でわかりやすいのがコントロールセンターだ。タイルのようなデザインになり、好みに応じてコントロールセンターに表示する機能をカスタマイズ可能となる。

ロック画面からコントロールセンターを起動すると全ての機能が1枚の画面に表示される。iOS 10のようにページをめくる必要はない。各アイコンをタップすると小さなアニメーションと共に操作できる。3D Touchで操作すると隠れている機能を呼び出すことができる。

また、iOS11(左)の、コントロールセンターの設定画面では、数多くの機能を追加・削除可能となっており、ロックスクリーンからのアクセスとアプリ使用中のアクセス可否しか設定できなかったiOS10(右)と比べ、自由度が高くなっている。

iOS 10からiOS 11改善点
 

とにかく、コントロールセンターと通知センターに関する新機能とiOS 11変更点は以下の四つの点になる:

●コントロールセンターが全画面表示に大幅刷新;
●コントロールセンターのボタンは3D Touchを使ったアクションに対応;
●コントロールセンターのカスタマイズ機能が追加;
●従来の通知センターが、ロック画面と一体化した画面に刷新。


関連記事:iOS 11 Jailbreak攻略~iOS 11脱獄方法とツールを一挙ご紹介

iOS 11 iOS 10違い7:iPadに関する新機能と変更点

Appleは現地時間6月5日に開催した開発者会議(WWDC 17)で、多くの新機能を盛り込んだメジャーアップデート「iOS11」を発表した。なかでもiPad向けの強化が多く、マルチタスク機能やドラッグ&ドロップ機能のほか、新ファイルアプリ「Files」の追加などが予定されている。iOS11でiPadはもっと快適に!

iPadに関するiOS 11変更点を詳しく言うと、以下のようになっている:

●新しいドック:iOS 11はiPadのための過去最大のアップデートになる。その一つが「Dock」だ。
Dockはアプリケーションをショートカット起動するための棚だ。これまではホームボタンをタップしてDockにアクセスできたが、iOS 11では画面下からスワイプアップするだけでどの画面からでもDockが呼び出せる。

iOS 11 vs iOS 10

マルチタスクiOS 11とiOS 10比較して、iOS 11ではマルチタスクは更に進化する。Dockを表示してアプリアイコンをつまんで画面端に持って行くとポップアップ式にアプリを表示できる。そのままSplit Viewとして画面分割してアプリを利用することも可能だ。
さらにアプリスイッチャーも大幅に刷新される。iPhoneとはまったく異なるMacのSpacesに近いインターフェースで多くのアプリが一覧表示され、画面の端に表示されるコントロールセンターに素早くアクセスできる。

●ドラッグ&ドロップ:テキストやURL、画像などあらゆるもののドラッグ&ドロップにも対応する。複数の写真を一度に選択してメールに添付することも可能だ。

●QuickTypeキーボード:iPadQWERTYキーボードがフリック操作にも対応する。例えば「S」キーを下にフリックすると「#」をショートカット入力することが可能だ。

●ファイル管理アプリ「Files」:iOS11で新たに追加される純正アプリ「Files」は、ファイル管理アプリだ。あらゆるアプリやストレージサービスをまたぎ、ファイルをチェックしたり、検索したり、整理することが可能になる。
サムネイル表示とリスト表示を切り替えできるほか、ファイルをお気に入り登録したり、タグをつけることもできる。端末内のローカルファイルだけでなく、iCloudドライブ上、さらにはDropboxGoogleドライブといった他社サービスにも対応し、これらで保存したファイルにもアクセスできる。

Apple Pencilとの連携強化:iOS11では、Apple Pencilとの連携がより快適になる新機能がいくつか追加される。

iOS 11 iOS 10違い8:App Storeに関する新機能と変更点

今回発表された中で最もインパクトがデカイのがApp Storeの大幅刷新だ。アプリのアイコンだけでなく、中身もすべて新しいデザインに変更され機能も大幅に追加・削除・変更される。従来のおすすめ、カテゴリ、ランキングタブは廃止された。新たにアプリの最新情報が確認できる「Today」、人気のあるゲームアプリをまとめて確認できる「ゲーム」、毎日に生活に欠かせない「App」タブが追加され、廃止された機能タブ内に内包される形になったため、カテゴリやランキングにアクセスするには少し手間がかかるようになった。

これまでのApp Storeはアプリを探すのに向いていたかもしれないが、流行のアプリや優れたアプリを探すのは面倒だった。そこで役立つのが新たに追加された「Today」タブだ。App Storeのエディターチームによって世界初公開の情報や舞台裏のエピソードなどが配信されたり、Pokemon GOで一番レアなキャラクターを見つけられる場所などアプリのヒントやコツ、App Storeのエディターによって優れたアプリやゲームがテーマ別にまとめて紹介してくれる。

iOS 11とiOS 10比較

要するに、App Storeに関する新機能と変更点 は:

App Storeのデザインが大幅に刷新;
●新たに「今日」「ゲーム」「アプリ」のタブが追加;
●「今日」では新規アプリ、「ゲーム」ではゲームアプリの紹介と注目のアドオン、「アプリ」ではその他全般アプリが掲載;
●アプリの紹介ページは、これまで通り動画再生に対応
●32bitアプリに関しては特に言及はありませんでした。

iOS 11 iOS 10違い9:他のiOS 10からiOS 11改善点

通知画面

通知画面もロック画面と同じようなデザインに刷新された。これまでは通知が全部表示されていたが、最初の画面に表示される通知は未読のものだけになった。全ての通知にアクセスするには画面をスワイプアップする。

 
Home Kit

iPhoneiPadで家電を操作できるHomeKitはSiriによる家電操作に対応できるようになる。対応家電には新たにスピーカーが追加され、AirPlay 2対応製品では複数のオーディオシステムやスピーカーを操作することができる。

 
Apple Music

2,700万人の有料会員を突破したApple Music。iOS 11では友だちが聞いている音楽が「For You」に表示される。また、友だちでなくてもパブリックアカウントを公開することでプレイリストを共有することもできる。開発者にはApple MusicのサービスにフルアクセスできるApple Music Kitが提供される。

 
マシンラーニング

すでに標準機能として搭載しているiOSのマシンラーニング(機械学習)。iOSではiPhoneのバッテリー管理やメモリーの顔認識、watchOS 4の新しいSiriのウォッチフェイスで利用されているが、iOS 11では開発者にも解放される。 解放されるのはカメラの顔検出、顔追跡、テキスト・バーコード・オブジェクト検出などが利用できる視覚処理の「Vision API」、テキストの言語識別など自然言語処理の「Natural Language API」などだ。

 
 

マップアプリ:
  ●ボストン、シカゴ、香港、ロンドン、東京羽田空港などの、空港や商業施設のフロアマップ表示(インドマップ)に対応;
●カーナビに車線の案内情報が追加;
●運転中に通知をオフにしたり、メッセージに自動返信ができる「Do Not Disturb While Driving」が追加。

iOS 11ベータ版をインストールする方法

Appleが2017年秋に正式配信する「iOS 11」を先行発表した。正式配信を前に開発者向けにiOS 11のベータ版が6月6日から配信されている。 手元のiPhone/iPadiOS 11ベータ版をインストールしたので、画像付きで詳しくiOS 11ベータ版をインストール方法を紹介する。

手順1、バックアップを取る;
iOS 11からiOS 10にダウングレードしたあと、元の状態に戻すにはバックアップが必要となるため、ベータ版をインストールする前にかならずiPhone/iPad/iPod touchのバックアップを取っておこう。バックアップするために、「DearMob iPhoneマネージャー」というフリーソフトおススメする。

 

手順2、Apple Developer Programに登録する;

手順3、「iOS 11」ベータ版のダウンロード;
Apple Developer Programの登録が完了したら、iOS 11ベータ版をダウンロードする。 iOS 10ベータ版のダウンロード方法は2通り用意されている。MaciTunesが必要になる「Restore Images」とiPhoneiPadだけでiOS 11ベータ版が導入できる「Configuration Profile」をインストールするという2つの方法がある。

  

手順4、「iOS 11」ベータ版にアップデートする;
「Configuration Profile」方法で:再起動が完了したら。設定にアクセスして「一般」→「ソフトウェアアップデート」に進んで「ダウンロードとインストール」をタップすると、iOS 11ベータ版のダウンロードとインストールが開始される。
「Restore Images」方法で:iOS 11ベータ版をインストールするか確認画面が表示されるため、「アップデート」をクリックするとアップデートが開始される。

ご注意:iOS 11ベータ版はまだまだ動作が不安定だ。日常利用でインストールすることはおすすめできない。

iOS 11ベータ版からiOS 10に戻す方法

上記言ったように、iOS 11ベータ版はまだまだ動作が不安定だ。日常利用でインストールすることはおすすめできない。けれども、一部分のユーザーが既にiOS 11ベータ版をインストールして、使ってみたが、結局iOS 10に戻したいが、方法が分からなくて、しかも、10とやり方が違うようなので、すごく悩んでいる。というわけで、次の部分はiOS 11ベータ版からiOS 10に戻す方法を紹介する。

手順1、「iOS 10」のリストアイメージをダウンロードする;
iOS 10に戻すにはリストアイメージのダウンロードが必要になる。以下のリンク先からApple Developer Programにアクセスする。アクセスする際にはApple IDでのログインが必要となる。
リンク先:https://idmsa.apple.com/IDMSWebAuth/login?appIdKey=891bd3417a7776362562d2197f89480a8547b108fd934911bcbea0110d07f757&path=%2Fdownload%2F&rv=1

アクセスできたらRelease Softwareの項目からiOSを見つけて「See all」をクリックする。ダウングレードしたいモデルの「Download」ボタンをクリックするとリストアイメージのダウンロードが始まる。

手順2、「iOS 10」に戻す(ダウングレード)する;
①、リストアイメージのダウンロードが完了したら「iOS 11」ベータ版がインストールされているデバイスをPCに接続してiTunesを起動する。Optionキー(WindowsならShiftキー)を押しながら「アップデートを確認」をクリックしてダウンロードしたリストアイメージを選択する。
②、続けて「アップデート」をクリックするとiOS 10のインストールが始まる。

手順3、バックアップから元の状態に戻す;
iOS 10にダウングレードする時に「iPhoneを復元」を選択した場合はデバイスが工場出荷時の状態、つまり初期状態に戻ってしまう。写真やアプリなどはすべて消えてしまったため、iOS 11ベータ版をインストールする直前に取っておいたバックアップファイルから元の状態に戻す必要がある。

バックアップした時点の状態まで戻すにはダウングレードして初期状態になったデバイスiTunesに接続して「このバックアップから復元」を選択する。戻したいバックアップデータを選んで「続ける」をクリックすると、元の状態に戻すことができる。なお、バックアップデータとOSのバージョンが一致していない場合は復元することができない。例えば、iOSのバージョンが10.2でバックアップデータがiOS 10.3で取ったもの、つまりベータ版で取ったバックアップデータは前バージョンでは利用できない。

関連記事:脱獄不要&データ損失なし、数歩だけでiOS 11からiOS 10に戻す方法